顔脱毛

皮膚が薄い顔こそサロンで脱毛すべき


顔脱毛女性顔色が暗かったり、メイクのノリが悪いのは顔のムダ毛の処理をしていないからだとされていますので、透明感のある肌質にするためには出来るだけ自分でケアをする必要があるのです。

しかし顔は皮膚の中でも特にデリケートな場所になっており、皮膚が薄い場所などは無理に市販の安全カミソリで剃ってしまうと、肌荒れや肌の黒ずみの原因になってしまう恐れがあるため、出来るだけカミソリでの処理は避けることが大切なのです。そこで安全に肌のお手入れをするためには、カミソリで行う除毛ケアではなく脱毛ケアが必要になります。

家庭用脱毛器では顔のお手入れが出来る製品は一部にしかないので、安全面や確実性のあるお手入れをしたいのであればエステサロンや脱毛サロンでケアを受けることをお勧めします。

エステサロンで多く採用されている光脱毛は、肌細胞にダメージを与えずにムダ毛だけピンポイントで処理することが出来ますので、敏感肌などをお持ちの場合でもダメージなく皮膚が薄い部分のお手入れを行うことが出来ますので、若い女性を中心にして幅広い年齢層の女性に支持されているのです。

脱毛料金は部分脱毛の場合そこまで高額にはならないので、キャンペーンなどを利用してお得にケアを受けることをお勧めします。


顔の自己処理のせいで乾燥肌になっていませんか?


お化粧のノリを良くしたり、肌色を明るくするためにも、顔の産毛の脱毛は女性にとって必須のケアです。多くの方が女性用のカミソリで産毛を剃っていると思いますが、処理したあと、肌が粉を吹いたような状態になっていることはありませんか。それは肌が乾燥している証拠です。放っておくと顔が乾燥肌になってしまい、さまざまな肌トラブルが起こる原因にもなりますから、自己処理をするときには注意する必要があります。

カミソリでムダ毛を処理すると、鋭利な刃が表皮の角質を薄く削り取ってしまいます。角質には皮膚の水分が失われないように保護する機能がありますから、角質を削って傷つけてしまうと、保護するものがなくなるため、皮膚から水分がどんどん失われてしまうのです。

肌荒れの原因になるだけでなく、乾燥した肌は外部の刺激に敏感になりますから、かゆみや炎症なども起こりがちになります。顔の産毛も、本当はエステで脱毛するのがトラブルがなくてよいのです。でも産毛だけでわざわざ脱毛を受けるのは面倒という方も多いと思います。少なくともカミソリの使用はやめましょう。女性用のシェーバーに変えるだけでも、肌への負担はずっと軽くなります。

シェーバーを使用するときはシェービング用のジェルなどをつけて肌の摩擦を少なくすること、そして使用後は化粧水で保湿をすると、産毛処理による乾燥を抑えることができます。アルコールの入ったローションを使用すると、シェービングで角質についた細かい傷の消毒を消毒することもでき、さらに安心です。


顔のムダ毛を脱毛するには何年かかるのか


顔の脱毛には何年くらいの期間が必要なのでしょうか。顔脱毛は基本的に産毛の処理になります。極細の毛ですから脱毛はすぐ完了しそうですが、実はワキの下や足など、太く目立つ毛を処理するよりも回数が必要です。

これは、脱毛のメカニズムが関係しています。現在主流になっている、IPL光や医療レーザーを用いた脱毛は、メラニン色素に反応して熱を発生する性質を持ったライトを照射し、毛根を熱することで脱毛させるというのがそのメカニズムです。

太い、つまりメラニン色素を多く含んでいる毛はその分、高い熱が発生するため高い脱毛効果が得られますが、産毛の場合はメラニンが少ないため、一回の施術で得られる効果は低くなります。そのため多少多く回数を重ねる必要があるのです。
また、顔は皮膚が薄くデリケートであり、熱傷などのトラブルがあると目立ってしまうことから、出力を抑えて施術を行うという事情もあります。

エステサロンでは、3回くらい施術を受けると目立たなくなってきますが、完全に処理してしまいたいのであれば、少なくとも6回、肌質や毛質によってはそれ以上かかることもあります。エステでは2~3ヵ月に1度の施術を設定しているため、1年から1年半程度の期間が必要と考え、準備をするとよいと思います。

医療レーザーの場合も、出力を抑えて施術することは同じですが、レーザーの性質により、若干施術回数は少なくてすむようです。こちらは半年から1年くらいになるでしょうか。短い期間で完了したい方は医療機関をおすすめします。


顔脱毛は他の部位より効果が分かりにくい


顔部分の脱毛は、腕や脚、ワキなどに比べて脱毛の効果を感じにくいことが多いと言われています。何故なら、顔に生えているムダ毛は、体の毛よりも細くて薄い産毛が生えているからと言われています。

顔には、サロンの光脱毛や医療機関のレーザー脱毛で施術が行われますが、黒い毛にはメラニン色素が多く含まれており、光はメラニン色素に反応して毛の再生組織が破壊されることで毛が抜ける仕組みになっています。しかし、産毛は細くメラニン色素は薄いので、脱毛施術をしても威力が発揮されにくいという特徴があるのです

また、産毛はとても細いので、施術後に毛が抜けていく感覚が分かりづらいということもあります。ですから、体の他の部分に比べて、劇的に毛が抜けたと感じられにくいのです。実際の脱毛効果が低いという訳ではなく、効果が感じにくいだけで実際は産毛が抜けているので安心してください。

顔の中でも毛が抜けにくい部分があり、毛の生え方や毛質によっても個人差がありますから何回で脱毛が完了するとは言えませんが、少なくとも6回は必要と言われています。毛周期に合わせて数回施術を受ける事で徐々に産毛がキレイになくなるのを感じられるようになります。