エステ脱毛と家庭用脱毛器

エステ脱毛と家庭用脱毛器の仕組みとは


エステ脱毛ムダ毛のお手入れをするには、今まで市販の女性用のカミソリを使用したり除毛クリームを使用するなどするしか方法がなかったのですが、近年になって性能が進化した家庭用脱毛器を使用してのお手入れが出来るようになったり、高額な施術費が必要だったエステサロンや脱毛サロンも、リーズナブルな料金でケアが受けることが出来るようになってきていますので、自分の希望するお手入れ方法でムダ毛処理が出来る点が大きなメリットになっているのです。

エステ脱毛の大まかな仕組みは、最初にどのような脱毛ケアがしたいのか担当のスタッフの方と、肌カウンセリングを通じて話し合ってから、肌に負担のかかりにくい光脱毛やレーザー脱毛を利用してケアをするようになっています。肌質や毛質に考慮して自分に合ったケア方法を行ってくれるので安全な施術を受けることが出来ます。

家庭用脱毛器でのケアは、メーカーによって脱毛方法が異なるため購入する前には、どのお手入れ方法が自分の肌にあっているのかきちんと考えて購入する必要があります。エステサロン並みのケアが出来る家庭用脱毛器は、一般的な製品に比べて高額ですが、自分の空いた時間を利用してお肌のお手入れが出来るので、忙しい女性に支持されています。


エステ脱毛と家庭用脱毛器の効果の違い


エステ脱毛と家庭用脱毛器の効果の大きな違いとして、脱毛効果が圧倒的に違ってきます。最近では家庭用脱毛器でもエステサロン並みのケアが出来る製品も販売されていますので、自宅で好きな時間に全身のお手入れをすることが出来るメリットが家庭用の美容機器にはありますが、それは家庭用に改良された製品は初心者でも扱いやすいので、どうしても安全面に考慮して高い脱毛効果は期待することが出来ないのです。

なので完全に全身のムダ毛処理をしたいのであれば、何度も肌に使用してケアをする必要が出てくるのです。エステサロンなどの美容施設は、定期的にお店に通う面倒はありますが、自分の希望するケアを短時間で完了させることが出来ますし、何より安全面で確実なケアをすることが出来ますので、敏感肌など肌に不安要素をお持ちの女性は自己処理よりもエステサロンでのお手入れをお勧めします。

しかしどうしてもサロンで行う脱毛施術は、コストが高くなってしまう恐れがありますので、少しでもリーズナブルなお手入れがしたい方には家庭用脱毛器で、自分の空いた時間を利用してこまめにケアをすることが必要になってくるのです。自分の生活スタイルに合った脱毛方法を探すことをお勧めします。


エステ脱毛と家庭用脱毛器の費用の違い


脱毛するにはいくつかの選択肢があります。サロン・皮膚科などの医療施設・家庭用脱毛器での脱毛です。これらは使用する機器の違いにより、脱毛効果も様々ですし、費用面でも違いがあります。エステと家庭用脱毛器を比較した場合、やはりエステでの効果は高いようです。

家庭用脱毛器も、近年はエステ処理に匹敵するレーザーのものや、痛みを伴わない熱線タイプの物などありますが、完全なツルツル肌とはいかない場合も多いようです。また機種によっては、消耗品の買い替えが必要なタイプもありますので、コスト面を考えることも必要です。家庭で、少し上級の脱毛を望むレベルなら満足できるでしょう。

これに対しエステ脱毛は、個人差もありますが、ほぼ満足のいく脱毛が望まれます。しかし、施術は数回必要ですので、その分お金はかかりますし、部分脱毛を望んでいても、他とのバランスを気にして、あれよあれよと全身を綺麗にしたいとの思いが出てくる場合も。

こうすると、必然的に金銭面での負担も大きくなってきます。また一概には言えませんが、サロンには勧誘もつきものですので注意も必要です。とは言え、サロンでも家庭用でも、仕上がりの満足度には個人差があります。自分の懐具合と仕上がり具合を天秤にかけて検討するのが良いでしょう。


家庭用脱毛器の長所と短所


家庭用脱毛器を使った脱毛をおこなう人が増えており、その需要は減らない状況にあります。これまで家庭で出来る脱毛処理には限界がありました。毛抜きなどの原始的な方法や脱色などの目立たなくさせる処理が主流でしたが、痛みをこらえながらそれでいて脱毛の不十分さから肌トラブルを招くことも少なくありませんでした。

最近の家庭用脱毛器の性能は向上の一途をたどり、全身脱毛までいつでも手軽に行えるようになっています。処理方式についてもエステ顔負けの照射などが行えることから、注目が集まっています。それだけの性能を備えておきながら、価格は極めてリーズナブルに設定されています。エステに通っていた人が家庭用脱毛器を使った脱毛に切り替えることもあるくらいです。

ただエステや医療機関に備えられている機器に比べると見劣りすることは否めません。機種によっては、産毛などの細かい部分までは脱毛しきれないものもあります。

また、照射などで消耗される部品の調達を頻繁にしなければならないケースもありますので、トータル費用としては、エステに通うのと同等位になる場合もあります。いずれにしても機種の取り扱いを熟知した上で、肌に負担をかけすぎることのない使用方法を守ることが大切です。